兵庫県 川西市 畦野こどもの里保育園
園の基本方針
<園の基本方針>
~畦野こどもの里保育園はこんなところです~
畦野こどもの里保育園は、あすなろ共同保育所の保護者・地域の皆さんに支えられ、社会福祉法人東谷あゆみ会により建設されました。

どの子どもたちも健康でたくましく育ってほしい。職員が安心して働き続けられる保育園にしていこう。地域の総ての子どもたちが保育園に来て一緒に遊べる子育て支援を行おう。そのために子育て支援室を設置しよう。保育環境を良くしよう。こどもも保護者も職員にも故郷となる保育園にして行こう。

そういう理想を掲げて建設されました。園の運営の基本は協同の取組です。子育ては保護者と職員と園が手をつなぎ合うことが必要です。同じ思いを共有して、誰もが安心して子どもたちを産み育て、平和に働き続けられる社会にしていくために協力し合う保育園づくりを目指しています。

<保育目標>
~こんな子どもに育てたい
l心身ともに健康で元気な子ども
l知的興味を持ち、文化と技を刻み込み、意欲的に遊ぶ子ども
l仲間を大切にし、仲間の中で育ちあう子ども
l自然とふれあい感性豊かな子ども


 

<保育の方針>
~保育園で大切にしていること~

 
① 畦野の自然を生かした保育を進めています。



 園は、自然豊かな地に建設されました。
周りは田んぼや山や水路に囲まれています。
散歩をして、自然の移り変わりを五感
(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)で体験できる
保育を進めています。


春・・・・
 園庭の周りで土筆やせりが採れます。
             
土筆はかき揚げや佃煮にして食べます。

夏・・・・ 蛙が園庭を飛び跳ねます。
             
保育園横の水路には、ホタルが飛びかい、
           「ホタルの夕べ音楽会」を楽しみます。

秋・・・・ 園の周りは、たわわに実った柿や栗の木があります。
             
近隣の皆さんから 子どもたちへとプレゼントされ楽しんで
     います。

冬・・・・ 雪が積もれば子どもたちは大喜び雪だるまをつくり 築山か
     ら滑ります。
             
枯れ葉を集めて遊びます。

 

 
 


② しなやかな身体と心を育てます。

~遊びの体験こそ豊かな成長の基礎~


朝ロールマットをし、9時からはピアノに合わせて
リズム運動をして心と身体のバランスを育てます。

年長のリズムでは、竹踊りや竹馬などを取り入れ
1月のリズム参観やお別れ会で披露します。

散歩は、虫取り、山登り、野いちご摘みと多彩です。
途中畑により、作物に水をやります。

園庭では、素足で自由に遊びます。
水、泥んこ、土、砂場、ごっこ遊び、雲てい、
鉄棒、築山で心と身体を開放して遊びます。
服は、泥だらけになりますが、それだけ懸命
に遊んだということの証です。



③ 
表現活動に取り組んでいます。

描画活動

子どもたちは、自分の思いを絵を描くことで表現しています。

子どもたちの思いを受け止めていく描画活動

に取り組んでいます。


製作活動

生活の中のいろいろな素材に
触れて遊んでいます。
自分の思いを想像し表現して
作る楽しさを知っていきます。

歌・絵本・劇ごっこ・劇づくり

子どもたちの歌声は生き生きしています。
教える歌ではなく楽しむ歌にしようという思いのもとに毎日
ピアノの周りに集まります。

多くの絵本に出会い、絵と言葉の世界で遊びます。
そのことによりごっこ遊び・劇あそび・劇など表現活動につながっていきます。




 食育に取り組んでいます。

畑で採れるさつま芋、じゃが芋、エンドウ豆、
トマトにきゅうり、玉ねぎは3歳から5歳児が
水をやり世話をして収穫をします。子どもたち
は野菜の成長を観察し、収穫を喜び、クッキ
ングで包丁等を使用する体験をします。


この体験の中で子どもたちは、食に対する興味
関心が育ち、残さず食べるようになり
ました。

5
歳児のキャンプでは、自分たちが育てた玉ねぎ、
じゃがいも、トマト、キュウリを使って料理します。

給食は、いろんな食材を食べ、みんなと食べる
ことが楽しいと感じられるよう工夫をしています。

好き嫌いをしないで、お箸やスプーンに慣れて
いきます。


食べ物の大切さを知り、食べ物を作ってくれる
人や調理師さんへの感謝の気持ちを
育ててい
きます。




 みんなで協力し合って野菜を育て、成長を喜ぶ。

春はジャガイモ植えから始まり、昨年植えたエンドウ豆
取り、サツマイモ、黒豆、や夏野菜植え水やり、ジャガイ
モ、たまねぎの収穫と忙しくなります。

子どもたちは野菜の成長を観察し、収穫の喜びを味わい、
クッキングを体験する中で、食に対する関心が育ち、残さ
ず食べるようになってきました。  
配膳をして、自分が食れる量を知る。

友達とクッキングをして、達成感、自信 を育てる。

3歳児から5歳児まで「クッキング保育」を取り組んでいます。

4歳から包丁を使います。

5歳児はお泊まりや、キャンプで自分たちが料理をします
。 
 




⑤ 太陽、水、土、泥んこ、素足になって心と体を開放して遊びます。

園庭は粘土質の土もあり泥んこやどろ団子作りを楽しんでいます。

春から夏にかけて水がわいている所がなんと園庭にありそこを池に変身させました。

子どもたちは池の水に毎日喜んで入ります。